今野安健さんのご紹介

今野さんは山形の鶴岡市の中でも新潟県境にも近い地域で作陶されています。

略歴です
1971年   山形県出身
1994年     日大美術学部美術学科卒業
1995年         有田・陶悦製陶所入社
1996年        唐津・中川自然坊に師事
2002年        鶴岡市に自ら登り窯を築窯

今野さんの作品は常滑の田鶴濱さんとの二人展で西荻窪の魯山さんで10年以上展示をされています。魯山のオーナー大嶌さんの「美」の感覚にはいつもうならされるものがあります。
金属の秋野ちひろさんが什器として持ち込んできた古いボートのオール。木がいい感じに乾燥し朽ちている でもギラッとした生命感もある存在感のあるもの、聞けば魯山さんで購入されたそうです。ここに美を見出すのかとその感覚にドキッとしました。
そんな「目利き」の人が選ぶ今野さんの器の魅力はどこにあるのでしょうか?

私が思うに「豪快さ」「勢い」という“動”的な見た目の強さ
静かに時代を超えていきそうな凛とした佇まいにあるように思います。
そして料理を盛ってどんどん使ってもらうために何でも受け止めてくれそうな安心感も湛えています。和でも洋でも似合い、ご自宅で使いながら新たな魅力にも気づかされそうです。

ここのところクラフトフェアや雑誌など取り上げられることが少ないですが、使い手の
確かな目で選ばれ続けている作家です。なかなか名古屋では見る機会のない作家で
見て頂けるだけでも器を見る目が育ってくる作家でもありますので、ぜひ一度ご覧ください。

IMG_5978 IMG_5985 IMG_5986

 


2014年09月08日 | Posted in Blog | | Comments Closed 

関連記事