Blog, お知らせ

前沢泰史展 会期後半

前沢さんの作品をインスタに少しアップしています。
手前の空間は絵画を立体に起こしたり、ユーモアある動物だったりとした
ちょっと可愛らしい作品ですが奥は一転して「祈り」がテーマになっています。

明後日から広島、長崎、そして終戦記念日と「祈る」機会を目にすることでしょう。
「祈る」とは一度立ち止まって思索を巡らし、そして前を向き進む そんな風に感じています。
そこには他者への感謝や自らの内省という要素も含んでかなり私的な時間です。
大変暑い季節ですが、足を運んでいただき気になった作品の前で足を止めていただければ幸いです。

本日夕方にスタッフが奥の空間を撮影してくれると思います。
またそちらもアップしていきますのでご期待ください。


2017年08月04日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事