Blog, お知らせ

林友子展 木と土の仕事

林友子展開催中です。
林さんの仕事は「木と土の仕事」と言われます。

木で作った額に土を左官職人のように塗り仕上げていく
ちょっと乱暴ですがわかりやすくいうとそういう仕事です。
日本には様々な種類の色の土があり、それを用いて西洋の額のアプローチではない
日本人ならではの感覚で額を作ろうとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違和感なくしっくり組み合っていますが、従来の感覚ではあり得ない組み合わせです
額の一部が土壁のようになっています。

このまま飾ることで、建築という人工物の中に自然が入り込んできたような感覚になります。
掛花とかとあわせて花を飾っても素敵でしょう。
日本人に備わっている「みたて」という独自の美意識にあふれた作品です。

 

 


2017年11月07日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事