硝子企画舎展の作家在廊日

在廊日:

1/18 井上剛、井上枝利奈、安斎里恵、沖田奈央、田原早穂子、八木麻子

1/19 井上剛、井上枝利奈(〜14時まで)、八木麻子、沖田奈央

1/25.荒井美乃里、竹内瞳、西村典子

1/26 井上剛、荒井美乃里、竹内瞳、西村典子

となっています。東京からわざわざ名古屋へいらっしゃってくださいます。

皆さまぜひぜひ足をお運びください。

個々の作品ほか硝子企画舎のプロダクト「gp」も販売いたします。

gpは第一弾のtrayからスタートしています。硝子企画舎さんのサイトから抜粋です

imgp5597

従来のガラスの持つイメージとは違う光を溜め込むやわらかな表情は、「Kilncasting(キルンキャスティング)」と呼ばれる電気炉鋳造技法によるものです。

日本では馴染みの薄いこの技法は、近現代においては個人作家の表現技法として発達してきました。

硝子企画舎ではこの大きな可能性を秘めた技法で、一つひとつ手作業をもちいて、暮らしの中に新しい提案をしていきたいと考えています。


2014年01月12日 | Posted in Blog | | Comments Closed 

関連記事