Blog, お知らせ

鈴木恵美 quiet 始まりました

鈴木恵美さんの個展queitが始まりました。

前回も美術館のような雰囲気でしたが、今回はより一層その色を濃くしています。そして残念ですが初めてお越しになる方、そしてノコスさんへ来てその帰り前を通って気づかれた方にはかなり入りにくい感じがするかと思います。作品はウエルカムと皆さまをお迎えしていますのでどうぞお気軽に見てください。

浜松のご出身でかつ名古屋造形短大を卒業されていてと名古屋との縁も多少ある作家さんです。

彼女の作品は以前より私の行動範囲の中にありましたので気になる作家さんではありました。2年前にようやく第一回の展示会を私不在の中で開催させていただきました。弊店の空間が彼女の作品の中にある「本質」というものを鋭く見せているなと感じました。今回もまた私は不在ですが離れて見ていてもとても力強いモノのチカラというものを感じます。彼女のセンス、技量、感情の投影の仕方、いずれも秀逸であるからこそ可能な作品たち。いらしていただいてとても魅了されましたというお声、ありがたく思います。

今回のテーマがqueitです。そのまま訳すと「静かな。穏やかな」という意味です。確かに一見するだけだとそのままであります。

ところで、人の生き方として「陰の時は力を蓄え、陽に転じた時に備えよ」と言います。陰の時は焦ってジタバタすることなく、それを受け入れ力を蓄えることは言うは易しではあります。

彼女の今回の作品は陰の時、そしてその先にある陽の時 そのどちらも感じられる時間軸が2つ以上描きこまれております。それはqueitでありactiveであるとでも言うのでしょうか。そしてその時間軸の結節点が見る人の感情を映し取り様々に変化しているというのが興味深いところです。

心掴まれる作品がありましたら、トイレなど毎日見るところ、そして狭い空間でかつ1人になるところにぜひ飾って欲しいなと思います。彼女の絵がネガティヴな時はネガティブな空気を吸い浄化してくれ、アクティブな時は静かにクールダウンしてくれるはずです。

何か1つ手元に置いて飾るものがある暮らしというのが今後のその人に与える影響というものの大きさは計り知れないことです。飾るものがある暮らし、それは特別なことではなく戦前の日本では当たり前だったようです。今回はカレンダーもご用意しておりますのでカレンダーを空間に飾って見てもらいどんな変化があるか感じて欲しいなと思います。

会期は明日火曜日定休日明けから土曜日まで休みなく続きます。
ぜひご覧くださいませ。


2019年01月14日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事