Blog, お知らせ

鈴木恵美 quiet 展 本日まで

今回の展示作品はquietというテーマで描かれております。

鈴木さんの絵には2つあるように思います。

1つは、対象をしっかり描き込んだもの。

今回の作品はと言いますと
表面に特徴のある海外で作られた手漉きの紙の特性を活かし、全体を余白のようにして対象を描いています。

描かれている対象は少ないですが、数以上の存在を放つのは鈴木さんの画力と構成力なのでしょう。

こうした余白を生かした作品は、余白の部分に様々な感情を投影し幾重にも解釈可能な見る側にも余白を残してくれています。

静けさquietという言葉にあまり引っ張られることなく、ご自身を投影され結果そこから浮かんでくるものをアンテナで掴み取ってもらえたらと思います。

本日土曜日が最終日です。


2019年01月19日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事