陶片 その2

山本亮平 箸置き

 

関谷さんによる1枚。

箸置きです。

 

 

こちらの作品、ひっくり返してみてください。文字が書かれています。

拾った陶片にも同じ文字があり「福がきそう」な言葉だったから同じ言葉を書いてみたそうです。

山本さんのことだから、「この作品を手にした人に福がきますように」とほかの作品より念を込めたかもしれません。それはあくまでも店主の”勝手”な判断ですが、薪窯の作品にしては驚きプライスですので玄関にひとつ飾ってみませんか。

こういう記事をさらっとかける某器屋さんの店主の爪の垢でも煎じたい昨今。

 


2015年05月28日 | Posted in Blog, お知らせ | | Comments Closed 

関連記事