雨宮ゆか 花生けパフォーマンスと教室

土曜日に開催された雨宮さんの花生けパフォーマンス。

IMG_6254IMG_6257IMG_6246IMG_6253IMG_6310IMG_6300IMG_6250IMG_6249

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中さんの作品に更なる輝きを与える雨宮さんの花生け。
よく「器は使ってなんぼのもん」といいますが、使うことで完成なんだなと思いました。
雨宮さんも8割くらいの完成度の作品の方が花が生けやすいと仰っていました。
使い手に余白を残しながらも細部にまで手が入った作品たちは作り手の感性と使い手の感性の
コラボレーションがご自宅で楽しめそうです。

入口のガラス棚にある作品は目線を上ではなく下に向けてもらった方がその作品の美に気づくということで
目線を下げてもらうような花生けになっています。会場でお確かめ下さい。

今回の花は会期中に変化していく様をお楽しみ頂く仕掛けになっています。
鉄も花もいずれは土に帰る そうしたこともテーマです。

IMG_6260

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして教室です。

花を選ぶところを間違うと花生けもダメになるそうで、花を選ぶことから始まります。
花器や空間をイメージしながら花を選ぶ作業はモリソンさんがよく言う「先天的認識」という
世界なんでしょうね。なんかすごいです。

IMG_6304 IMG_6297 IMG_6302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加したスタッフより写真拝借です。
お客様はほとんどがお手持ちの花器をご用意下さりその花器にどう生けるか考えていたようです。
香水?のビンや店主の私物の徳利など花器以外でもいろいろ生けていました。

すごくわかりやすく丁寧な説明の雨宮さん。
教室に参加された方もパフォーマンスを見学された方も「大変わかりやすい」と好評でした。

雨宮さん、教室やパフォーマンスに参加下さったお客様ありがとうございました。


2014年10月08日 | Posted in Blog | タグ: , Comments Closed 

関連記事