Blog, お知らせ

須田二郎展 16日から

<9月16日土曜日15時~haseにてトークイベント開催です>

ナカジマウッドターニングスタジオ 中島信太郎さんと須田二郎さんによる「ウッドターニングを語る会」を開催します。

木のうつわをどうやったらお客様に買って頂けるか、とか魅力的な商品とは何か、販売戦略をどう考えて来たか。なんて言う事が話の中心になるかもしれませんと須田さん。

中島さんは、大阪堺市で毎年秋に開催されるイベント「灯しびと」の実行委員をされています。
イベントとギャラリーの関係性とか、作家としてどう生きるかと言う事もお話いただけそうであること。また、灯し人はイベントの有るべき姿を求めてトライアンドエラーを繰り返しているので、その辺りも聞いてみたい。

ということで須田さんが中島さんにオファーされたところ快諾いただきました。

ウッドターニングを通して森のことなどのお話もですが、今後の「ものづくり」がしっかりと継続しないと森をどう維持していくのかということが機能しないので木の器の今後を考えることって避けては通れませんね。

モノを作っている人、そしてモノが好きでモノを購入する人、そしてモノ作りの道具などを作っている人、モノが好きで見て周る人、いろんな立場の人に聞いて欲しいなと思います。

写真は中島さんのインスタよりお借りしました。

ナカジマウッドターニングスタジオ
https://www.nakajimawoodturningstudio.com

木工旋盤の使い方が太っ腹にyoutubeにアップされています。
一度ご覧いただくと話が一層面白いと思います。

須田さんの作品は、生木の状態で回転旋盤で素早く加工し真円だったのがだんだんと乾燥する過程で予想もしない形状になっていくのが魅力です。
16日と17日は須田さんが実演を随時されていますのでじっくりとご覧ください。毎回、頭から木の削りカスを被りながらも釘付けでご覧いただく方がいらっしゃいます。面白いですよ。


2017年09月12日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事