Blog, お知らせ

Camille et Clémentineを訪ねて その2

~Camille et Clémentineを訪ねて~

工房はパリ19区の隣、パンタンという街にあるそうです。
パリ滞在期間はルールとして「歩く」と決めていましたので歩きます。

 

 

レピュブリック
ここから歩きます

 

 

 

 

 

 

 

昔、市場だったんでしょうね。
今はふつーにスーパーでした。

 

 

 

 

 

サンマルタン運河の上流です。
ここはゲストハウスらしいです

 

 

 

 

 

19区の区境のパン屋
地元民で混み合っています

 

 

 

 

 

店のヤレ感が気になり入ってみました。
調べてみると支店がいくつもある店でした。

 

 

 

 

 

 

 

無造作感と歴史を感じる見せ方

 

 

 

 

 

 

 

シテ化学産業博物館
こんなところまで行く人少ないでしょうね。

 

 

 

 

 

パリを出ます。
環状線前後から急速に治安が悪くなります。
パリの北駅東駅以上に治安悪そうで視線が痛いくらい刺さります。

 

 

 

 

 

 

ようやく見つけました。
道に迷いむかいのスーパーで聞いてもわからなかったのはフランスらしいな。
パンタンの治安を良くしようと自治体と企業が出資し作った芸術村
何人かの陶芸家が入っていました。日本人の男性もアトリエを構えています。

続きます。


2017年08月25日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事