Blog, お知らせ

knitology展最終日です

knitologyの生産は福島の阿部ニットさんで行われています。
服が好きな方が聞いたら「あの!」というくらい有名なのだけととても小さな工場です。そして機械で編める最高のニット素材を作っています。

https://knitology.net/about/craftman

何度着ても清潔さと美しさを保ち、毎日着たくなる暮らしに寄り添うユニフォームを目指して作られるknitology。こだわりがすごくて前回の展示会ではまだジャケットとコートだけのラインナップでした。

今回はスカートとパンツも加わったのでまた展示会をお願いしました。

knitology2019

パターンが縫製のラインに沿ってわかります。
身体の構造から考え抜いた動きやすく、そして着ているときの身体への服の荷重のかかり方を計算したものです。
細分することでその表面にライン、線として出てしまうものを美しさに転換するのはもうセンスでしかなく、うなるしかありません。

前回の時に、服に慣れているスタッフもパッと見ただけでもわかっているけど、最後は確認のため実際に袖を通してみて「これはすごいと思ったけどやはりすごい」となっていました。
着ていてキレイだし、何より1日着ていても疲れないと言ってくれています。
時々、他の展示会の時でも着て接客してくれているようですから「ああ」と思われたお客様もあるかと思います。

実際に京都の某店のスタッフは真っ白のジャケットを制服として使っているので行ったことある方はわかるのではないかしら。気づいていないようで実はというもので、まだまだ東京が多いブランドだとは思うけどこの地域の方にも見てもらえたらなと思います。

このブランドが続くことで素晴らしい技術を持つ阿部ニットさんを知ってもらい、そして双方の活動が継続することで日本の素晴らしいモノづくりが後世に受け継いでいける。そのためにknitologyが果たす役割はなんなのか、そんなことも考えられています。

ぜひぜひそうした輪に加わってください。
せっかく大変な思いをして得たお金はちゃんとどこに流れているのかがわかるところへ使う暮らしへ移行していくともっともっとみんながハッピーなのではないかと思うんですよね。

knitology2019

中にもknitologyを着用していますが、ここは普通のUネックTシャツでもキレイです。このブランドの美しいなと思う位置をスタッフがしっかり見せてくれています。

カジュアルフォーマルとしても使えそうです。
腕さばきという言葉はないと思いますが、腕の動きがしやすいのでお店で使っても無理がないから制服にするのは納得です。

本日最終日です。お見逃しないように。


2019年02月09日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事