Blog, お知らせ

Sa-Rahのお洋服展 10の型紙で着回す毎日の服

2018.9.8 sat~9.15 sat

10 mon  close 12:00~18:00

今回もSa-Rah帽子千秋さんの著書 「10の型紙で着回す毎日の服」より展開します。

帽子さんやSa-Rahに関わる方々の思いの詰まった服たちをゆっくりとご覧ください。

現在、帽子さんは7月の豪雨の後始末で大変お忙しく在廊ができません。

大洲のお店は洪水の被害も幸いなかったのですが、倉庫が浸水し、30箱ほど被害を受けました。まだ断水中でしたので、手分けしてコインランドリーで洗って救い出せるものはと頑張られたそうですが縮んでしまったり、洗えるSa-Rahの服でもさすがに肱川の洪水による泥水までは難しかったようで泣く泣く廃棄せざるを得ないものも結構あったそうです。(川の洪水の泥水は少し油も含むなど衣類に付着すると相当なダメージになります。洪水の後の被災地のなんとも言えない匂いの原因でもあります)

自分たちが作ったお洋服が売れなくってずっとお取引先のお店に残っているのはかわいそうだからと、そういう服は全て愛媛大洲のお店に戻してもらっているから作られた服への愛情は相当かと思います。

なので泣く泣くの度合いもかなり強いものだったと思います。

今回救い出せた服の一部は既にはーぜのみのいち でも販売させて頂きました。
もう少しだけ残っているのでそれも合わせて販売していきます。

どうぞみなさまお楽しみに。

 


2018年09月05日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事