Blog, お知らせ

Sa-Rah 帽子千秋さんの本が出版されます

明日3月9日、帽子さんの著書『10の型紙で着回す毎日の服』の発売になります。
haseのお客様はアマゾンなどでご購入されず、5月の展示会の時にサイン本を用意しますので
そちらをお求めください。

そして、4月には出版記念として銀座森岡書店で展示会もあるそうです!
すごいな〜。

本の内容は、服を作る人向けの内容にはなっていますが、帽子さんが伝えたいこと、
暮らしている愛媛の大洲のことなど、思いの丈も目一杯書き綴ったものになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ライター一田憲子さんのWebマガジンでも取材されています。

どうぞご覧ください。

帽子さんといえば、ご連絡差し上げたらすぐに京都の展示会の搬出のついでにきちゃいました!
だったりと行動力も半端なく、本当に前向きというか、前しか見ていないというか、自分の感性を信じて、係わりを作られていきます。

私が一度愛媛大洲へ伺った際、「縁ある人だったらアポなしでもいらっしゃるだろう」と思って
というのは半分嘘で、大洲がいかに遠いかナビを見て若干怯んだんですが、夕方陽が落ちる美しい時間に縫製され洗いをかけた服たちがお店の入口に干してあるお店に到着し帽子さんと再開しました。
ご縁があってよかったです。

Sa-Rahの服は帽子さんのパワーというものも含まれている、そんな気がします。
今の暮らしで、「オン」と「オフ」の境が曖昧になっている昨今、オン専用に服を用意したり
その逆もすることなく、兼用になっていると思います。家で洗えるSaーRahの服たちはしまい込んだり、気負うことなく着られるある意味服屋泣かせなのかもしれません。そうした服に帽子パワー。
そりゃ最強だと思います。Sa-Rahをご存知ない方のために、代表の「帽子(ぼうし)」さんは本名です。

 

 


2018年03月08日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事