gallery, お知らせ

susuri 2015 autum & winter

susuri2015.5.8

 

susuriさんにお願いして展示の準備が完了です

春夏ものは写真左の藍色のワンピースをはじめ店主スタッフおすすめのアイテムも届いています。こちらは即売分ですのでこれからの季節にガンガン使ってください。

今回よりhaseにて空間全体を使いよりゆったりとご覧いただけます。

 

 

会場奥は秋冬物受注分です。継続のアイテムもありますが、今期は結構変わっています。

素材が面白いもの、デザインが発展したもの、遊びココロもあるものなどなどです。
ニットもありますが、こちらは9日までの受注分で終了です。また一部アイテムも残り僅かになっています。

susuriの服を着ることは「susuriさんの応援」と「日本の繊維産業への応援」になります。(haseの応援もよろしくです)
特に「日本の繊維産業への応援」、ここに気を配って欲しいと思います。
元々あった着物、江戸や明治から大正の粋という文化、着物だけでなくその下に着る襦袢にも遊びココロや粋を残し、作り手もですが、何より着る側の意識も文化的レベルも高かった時代を反映していたのが日本の繊維産業ではなかったのではと店主は考えています。

今回もシルクが混紡された生地、縮絨をかけた生地など派手さはないけど、着る人の文化的レベルを感じさせてくれる日本の繊維産業ならではの生地を使った作品が出ています。そうした生地を使いこなすデザイン力の高さがsusuriさんにあるからこうした生地が生きてくるんですよね。

日本の繊維産業はもう少し遅いかもしれないけど「いまお金をつっこむ」とまだまだ残せるはずです。
テキスタイルの魅力だけでパリのランウェイを魅了することができる日本の繊維技術、テキスタイルをsusuriさんの服を通して考えるきっかけになって欲しいと思います。

 

 


2015年05月08日 | Posted in gallery, お知らせComments Closed 

関連記事