Blog, お知らせ

susuri 2018AW Light a candle 受注会

24日よりsusuri  さんの展示会 Light a candleです。

これまで送料無料で送らせていただいておりましたが、
昨年の「はこboon」サービスの終了と、今年3月のゆうパックの値上げもあり
今回よりお送りの場合は500円お願いすることにしました。
大変心苦しいのですが、ご理解のほどをよろしくお願いします。

アンドレイ・タルコフスキーの映画”NOSTALGHIA”をテーマにしたシーズンとなります。
かの武満徹が

タルコフスキーの映画には一貫して音楽が少ない。
それは彼の映画が音楽的だから、ことさら音楽が入る意味がないのだ。
音楽という芸術が、言葉で補えようのない思想感情を表すものだとすれば、
タルコフスキーは、映画という方法を通して限りなく音楽に近づこうとしている。
と語ったそうで、彼はタルコフスキーの追悼のために曲を書いているくらいです。
ビックリしたのが、検索したら今週、パリでこの映画を見られるようです。
もう35年前の映画がいまも見られるとはかなりの名画のようですね。
イタリアで撮られたこの映画を少し見ましたが、「古き良きイタリア」が映っていました。
かの「男と女」という映画でパリを未だと完全アウトな速度で車を走らせるシーンなどに
映るパリの当時の街並み。もう見ることができない昔の街並みを思いながら街を歩く、
映画を見る、それもちょっとしたノスタルジーなのかもしれません。
かなり脱線。
今回はsusuriさんのテーマにあわせて、旧ソ連、現在のロシアの花がヒマワリということで
conohana松岡さんが装花をしてくださっています。
春、ちょうどこの時期にsusuriさんと出会って丸5年になります。
そこから1年経てスタートした5年目の展示会。
長い時間を共有させていただいております。
今季も展示会を見に行ってもらったスタッフが「素敵でした」と言っていた服たちが
ほぼご覧いただけそうです。24日25日はsusuri在廊になります。
在廊日にご都合つかれる方は是非に。

 


2018年03月23日 | Posted in Blog, お知らせComments Closed 

関連記事