粗大ゴミとして出せないテレビの捨て方│家電リサイクル法対象製品

目次

テレビは“家電リサイクル法”の対象製品

テレビは家電リサイクル法の対象製品であるため、粗大ゴミとして処分することができません。

リサイクル家電の処分の仕方でテレビを処分していかないと法律違反になってしまうので注意。

家電リサイクル法は、正式名称「特定家庭用機器再商品化法」といい、使える部品を再利用して使っていくことで限りある資源を有効活用していこうという法律になっています。

無料でリサイクルすることは無理であるため、リサイクル料金をしっかりと徴収してそのお金を使って業者がリサイクルしていくということが進められているのが現状です。

上記の理由からテレビは粗大ゴミとして捨てることができないので気をつけて処分していかなければなりません。

家電リサイクル法対象外のテレビもある

実は全てのテレビが家電リサイクル法の対象となっているわけではありません。家電リサイクル法の対象となっていないテレビは以下の通り。

  • 携帯用液晶テレビ
  • 車載用液晶テレビ
  • お風呂場用テレビなどの建物に組み込むように設計・設置されたテレビ

上記のテレビについては家電リサイクル法の対象にはならないため、各自治体の基準で粗大ゴミとして処分していくことも可能です。

テレビを捨てるには「家電リサイクル券の購入」と「運搬費」が必要

テレビを捨てるためには家電リサイクル法で指定された家電リサイクル券を購入しなければなりません。この家電リサイクル券はテレビのサイズや種類、メーカーによって変わっていきます。

約1,300円から約4,000円ほどのリサイクル料金がかかるので頭の中に入れておくと良いでしょう。

家電リサイクル券は近くの郵便局で支払うか、家電量販店や不用品回収業者といったテレビを引き取ってくれる業者に対して指定の料金を支払うことで購入したことになります。

テレビのリサイクル料金だけでなく、テレビの運搬費用もかかってくるので気をつけてください。小売業者によって幅がありますが、だいたい1,600円から3,000円ほどの運搬費用。

テレビの具体的な処分方法

粗大ゴミとして処分できないテレビの処分方法についてご紹介していきます。

テレビの具体的な処分方法は以下の2通りです。

  1. 持ち込んで回収してもらう
  2. 回収しに来てもらう

自分で持ち込むか、業者に取りに来てもらうかの2つですが、それぞれの処分方法について詳しくご説明していきましょう。

①持ち込んで回収してもらう

テレビを持ち込んで回収してもらう際の持ち込み先は以下の2箇所があげられます。

  1. 指定引取場所
  2. 家電量販店

自治体が指定する引き取り場所までテレビを自分で持っていくことで処分することができます。

自治体指定の引取場所までテレビを持って行った場合、「リサイクル料金のみ」が費用としてかかることになりますが、事前に郵便局などでリサイクル料金を払っておきましょう。

また、ヤマダ電機などの家電量販店ではリサイクル家電を店舗で回収していますので、そういったところに持っていくことで回収してもらえることも頭に入れておくと良いでしょう。

ですが家電量販店で処分する場合、「リサイクル料金と運搬費用の両方」お金がかかってしまうので、費用の節約にはならない点には気をつけなくてはなりません。

指定引取場所での処分はリサイクル料金のみだが、家電量販店での処分はリサイクル料金と運搬費用の両方がかかる。

②回収しに来てもらう

家にテレビを回収しに来てもらうことも可能です。回収に来てくれる先として以下のところがあります。

  • 不用品回収業者
  • 家電量販店

不用品回収業者ですと多少の料金はかかりますが、こちらの都合の良い日時に取りに来てくれますので非常に便利です。

家電量販店に訪問回収を依頼することもできますが、訪問回収費を徴収されます。

不用品回収業者の回収費用と家電量販店の訪問回収費用とを比較して、安い方に依頼すると費用を削減していくことができる。

ヤマダ電機などの家電量販店で訪問回収をしていますので、お近くの家電量販店で訪問回収してくれるかどうかを電話で確認してみることをおすすめします。

不用品回収業者の多くは見積もりを無料で出してくれるところも多いので、気軽に費用を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
愛知県名古屋市の不用品回収業者を比較!【おすすめ優良業者3社】 愛知県名古屋市の不用品回収業者を比較!【おすすめ優良業者3社】 【愛知県名古屋市の不用品回収業者比較表】 愛知県名古屋市内の以下の不用品回収業者に関して、比較し...

テレビを捨てる時の注意点

家電リサイクル法で処分方法が決まっているテレビを捨てる際には注意点があります。

注意点としては以下の通り。

  • 分解して処分することはできない
  • ゴミ処分施設では回収していない
  • 外で徘徊している不用品回収業者には頼らない
  • オークションやフリマサイトはトラブルが多い

上記の注意点を詳しくご説明していきましょう。

分解して処分することはできない

ネットの掲示板などではテレビを分解して、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して処分できるという書き込みもありますが、家電リサイクル法対象のテレビは分解して捨てることは法律で禁じられています。

ネットの書き込みは無責任な書き込み内容もありますので、参考にしないようにしてください。

ゴミ処分施設では回収していない

ゴミ処分施設にテレビを持って行っても回収してくれません。お金を払っても回収してくれませんので、気をつけてください。

自治体指定の回収場所に事前にリサイクル料金を支払っておいて持っていくようにしなければなりませんので、注意しましょう。

外で徘徊している不用品回収業者には頼らない

よく街中に軽トラックで不用品回収を無料でしていますとスピーカーで流しながら走っている光景を見たことがある人も多いでしょう。無料で回収してもらえるなら、リサイクル料金がかかってしまうテレビを回収してもらいたいという人も少なくないです。

ですが、外で徘徊している不用品回収業者は回収が無料でも、家まで取りにきた出張費用として高額料金を請求してきたり、まだ使えるものを脅しながらもっていこうとしたりしてきます。

上記のようなことをしなくても、回収したテレビを不法投棄したり、違法に分解して処分したりしているのが実態です。

自分の依頼したテレビが不法投棄されたり、違法に分解して処分したりされていた場合、依頼した人のところに警察が事情を聞きに来ることもあります。

違法な依頼をしたとみなされてしまう可能性もありますので、外で徘徊している不用品回収業者は絶対頼らないようにしてください。

オークションやフリマサイトはトラブルが多い

リサイクル料金がかかってしまうテレビを、多少なりともお金に変えながら処分したいと思う人も多いのではないでしょうか。オークションサイトやフリマサイトでテレビを処分しようと考える方も多いでしょう。

ですが、オークションサイトやフリマサイトでテレビを出品し、処分するのはおすすめしません。

落札されても、テレビの液晶画面の色やヤケ、写り方など、落札者からのクレームといったトラブルが多く、落札価格に見合ったものになるかどうかは疑問が残ります。

法律的にアウトな方法やお金に変えるという考えよりも、お金が多少かかってもしっかりと法律にそった処分をしていくことが、多くの感動や時間を共有したテレビに対しての最後のおもいやりと言えるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる